生き残れ、薬剤師ー脱・コモディティ(≒十羽一絡げ)のすすめ

スポンサーリンク

「残る薬剤師」「消える薬剤師」、という本がある。

「残る薬剤師」「消える薬剤師」 [ 藤田道男 ]
「残る薬剤師」「消える薬剤師」 [ 藤田道男 ]

ボクはその中身をきちんとは読んでいないが、

いまボクがこうして再起できているのは、ボクが

「十羽ひとからげ」ではないからだ。

つい最近、この本に出遭った。

僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本哲史 【単行本】
僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本哲史 【単行本】

「生き残るためには『スペシャリティ』な人間になること。

 『唯一の人』になれ!」

…本著には、そうある。

薬剤師のライセンスを取得できる大学は、いまおそらく70以上はある。

成績のふるわないものが受験できない裏の制度があるなか、

国家試験が難しくなっている環境にあるなか

それでも「薬剤師免許所持者」の数が増えていくとするなら??

あなたはどうやって

「僕は隣の薬剤師と違う。」って

云えばいいんだろう?

…ぼくはそのやり方を模索してきた。

認定薬剤師を最短の時間で取得してみたりもした。

これから、あなたにその武器を配りたくて。

これからも文を紡ぐ。

続きはまた明日。

このメルマガ、おすすめ。

非常に読み応えがあって、これが本当に無料でいいのか!?という内容。
骨太な薬剤師向けメルマガを探しているアナタにオススメだ!
メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする