【薬局でのトリアージ!】Dr.林&Ph.堀の危ない症候を見分ける臨床判断 ー堀美智子先生

スポンサーリンク

先日、堀美智子先生の講義を聴きにいった。
そのなかのひとつとして、薬局でのトリアージの重要性を説いていらっしゃった。

Dr.で診察されたときと時間的フェーズが異なっていらっしゃる患者さん。
ひょっとしたら病院では見せていなかった危険な徴候があるかもしれない。
そういったことにいち早く気づけるためのポイントを押さえた本。
Dr.林 & Ph.堀の危ない症候を見分ける臨床判断 / 林寛之 【単行本】
Dr.林 & Ph.堀の危ない症候を見分ける臨床判断 / 林寛之 【単行本】
非常に簡潔な図、見やすいテキストとともに
2000円(税別)といったプライスがうれしい。
頭痛・腹痛…
その中で命にかかわる問題になるものを見抜くポイントが
Dr.の視点から指摘されている。

他にボクが持っている本…
これもわかりやすい。完全にDr.向けの本だ。
【お買い物マラソンで使える・最大500円クーポン配布中!】ジェネラリストのための内科外来マニュアル/金城光代/金城紀与史/岸田直樹【後払いOK】【2500円以上送料無料】
【お買い物マラソンで使える・最大500円クーポン配布中!】ジェネラリストのための内科外来マニュアル/金城光代/金城紀与史/岸田直樹【後払いOK】【2500円以上送料無料】
図表が非常に見やすい。
判断のポイントと、処方例が載っていたりするから
患者さんの病名を推察する知識としても読んでおきたいところ。

今日はこれくらい。

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする