かかりつけ薬剤師 同意書 書面にサインいただく必要とそのためのスキル

スポンサーリンク

「かかりつけ薬剤師指導料」を算定するために、
同意書が要るらしい。

ネットに落ちていたフォーマットを見かけたので抜粋

まず
1.かかりつけ薬剤師の定義/意義を簡単に説明
2.かかりつけ薬剤師を持つことを断っても患者の不利になることはない
としたうえで
3.かかりつけ薬剤師のお約束
 ・処方医との連携
 ・薬のみならず、OTCや健康食品との飲み合わせも確認する
 ・緊急時問い合わせに24時間対応
をコミット。
そして
4.患者の同意欄(本人または近親者のサイン)
らしい。

日経DIオンラインのどこかにも、フォーマットのようなものを見かけた

しかし、どれだけ道具が揃っていたところで

患者が同意してサインしてくれなければ
何の意味もない

…いままで、薬剤師は
「契約を取る」必要性はあまりなかったと思う。
また、そういうことが苦手だから薬剤師になった方も多いかと。

しかし。時代が変わってきた。
そういうヒューマンスキル的なものが特に求められている。
そんなときにオススメなのがこちらのメルマガ
心理的にどういうふうにハナシを持って行ったら
患者/店のスタッフなど、他の人も気持ちよく働けるか?などを
定期的に配信している。
登録するとバックナンバーが読めるようになったり
メルマガを書いている方に質問もできるようなので
まだ登録されていない方は今登録してみるのも悪くない。
登録は1分くらいで終わるカンタンなモノだ 

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする