ブラック求人 今月の日経DIの記事を参考に、未来をつかめ

スポンサーリンク

今月の日経DI。

ブラック企業呼ばわりされないよう、薬局は何を気をつければいいのか

そういう記事だ

その中でも印象的なのがコレ。

「残業代込みの年俸で契約したはずの薬剤師に
 退職後に残業代未払いで裁判を起こされ、300万払うことに」
※金額はちょっとあいまい…

この薬剤師、なかなか押さえるところを押さえている
・誰もみていない状態のところ、早朝に来てタイムカードを押す
・契約書に「残業代について」が明示されておらず
 口頭のみでのやりとりだった
そこを逆手にとって、裁判を起こしたのだ!!

で。
ボクらが彼?彼女??から学ばなくてはならないのは
「みなし残業についての契約が紙などで明示されていない場合に
 残業代を『勝ち取った』」前例があるということだ。

日本は判例社会。
この判例があれば、今困ってるアナタも。。。
会社からしかるべきお金を頂戴してサヨナラすることができる!!

まずは、弁護士の無料相談…
例えば法テラスに相談にいってみることをオススメする
こちらが勝てる裁判であることが自明なら、
弁護士さんにも成功報酬があるわけなので
超力強い味方になってくれること請け合い。

そして、サヨナラの前に
単発派遣をやってみることを検討するとか、転職の準備だとかを忘れずに。。。 
悲しいかな、裁判で勝ったカネだけでは食いつなげないから… 

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする