薬剤師 転職 自分の市場価値を上げよ 前編

スポンサーリンク

自分の市場価値。
それを意識したことは、あるだろうか。

薬剤師だというだけで重宝されて
引っ張りだこではあるけれど
「自分にふさわしい待遇(給料・働き方・その他条件面)」を
意識したことはあるだろうか。

ボクは、これを意識してから
自分自身のQOLが格段にあがった

それは、接する患者さんたちにも直に影響したみたい。

お金を沢山いただいて働くことは
働かなくてはならない時間も減るし
なにより自分自身の矜持になる

ボクが勤めるつもりもなく、
とある会社(今お世話になっているところではない)の紹介だけで
担当者のつきそいもなく面接にいったところがあった

何だか知らないが即決された

計数調剤をそのまま渡すだけ かつ
5分毎に4人患者が入ってくるような某門前薬局
時給は格安だった

ボクは、近所のドラッグストアの一般従業員とそれが同じと知った!
そして、ボクの努力は

「3日と10日と20日は特売日!」
※具体的な日にちは失念

と云いながら
定期的に勢いよく煽るオニイサンオネエサンに
敵うべくもない

やりがいがなくて…

どうなんだろ 

後編につづく 

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする