かかりつけ薬剤師 なりたくない 今後は算定に慎重なDgSへの転職?

スポンサーリンク
本日付のPHARMACY NEWSBREAKを読んでいると

【どう対処16年度改定】調剤併設DgS かかりつけ料算定に慎重姿勢、患者負担増を懸念  業態の違いも大きく影響

調剤薬局チェーンと
調剤併設型のドラッグストア(DgS)で対応が分かれている。

(中略)

ドラッグストアでは患者負担が増えることなどを懸念し、
患者ニーズのある場合に限って対応するなど
算定に慎重な姿勢を見せる企業が多い。
ドラッグストアでは調剤に依存しなくても
他の物販部門で収益を上げられることも背景にあり、
業態の違いも大きく影響しているようだ。

今後は調剤併設型DgSに転職すると
かかりつけ薬剤師にさせられなくていい?

ただ、現状として…詳細不明。
だいたい決まってくるまで
とりあえず転職のための情報を
エージェントさんからもらっておいた方がいいかも。

ブラックな会社にかかりつけ薬剤師にさせられる前に
頼もしいエージェントさんとつながっておくのも悪くない
登録はもちろんタダだし、
ボクはここの会社のエージェントさんを2人知っているが
どちらもボクがお金がなくて困っているときに
すぐ案件を紹介してくれて本当にたすかった
フットワーク軽いし、親切だ
詳細は → こちら

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする