メディセオ総合医療フェア ユヤマ 最新型PTP払出機の説明を受けてきた

スポンサーリンク
image

ボクは関西住まい。
そして連休だけれど出かける予定もないので
メディセオ総合医療フェアにお邪魔してきた 

ユヤマのブースが個人的にはツボ。

それぞれの機器の仕組みを訊いてきて
目からウロコだったのでここにメモしておく
写真は撮るのを遠慮したので、
ホームページの画像を参考にしながら読んでいただければ。

まず、「ロボピックII」というPTP払出機。
“robo_robopick2.html”でググると出てくるやつ。

オーダリングシステムと連動して
そのとおりにPTPを切って払い出ししてくれる。

仕組みは、
1.薬ごとのスロットがあり、各スロットがそれぞれ引き出せるようになっている
  スロットの下にカッターが2個あり、
  カットはそのカッターに必要なスロットを持ってくることで行なう
2.引き出しにPTPを充填しておく
 【新製品のポイント】:
  PTPを抱き合わせ(向かいあわせた)の向きで
  入れることができる。
  従来のものだと、同じ向きに揃える手間があった
3.オーダリングシステムなどから入力された薬の引き出しが
   アームで引き出され、カッターのあるポジションに運ばれていく
4.その動作を2つのカッター両方に対して行なう
5.カッターが動いて、PTPが切り離され、トレイに落ちる。
  使い終わったスロットはアームがもとの位置に収納する
6.トレイが最下部から取り出し口まで運ばれてくる

といったものになっている

印象的だったのが
・4錠のPTPの切り方が
  ●●
   ●●
 のように、テトリス型になっていたこと
・カセットには「切っていない」PTPしか装填できないこと
※切ってしまって中止になった場合、戻せないので
 手動での調剤業務の棚においてほしいとのこと

よく出来てるな。 

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする