週刊現代 薬 医者に出されても飲み続けてはいけない薬 クレストールを飲んでいる患者から…

スポンサーリンク

週刊現代の「医者に出されても飲み続けてはいけない薬」の記事で
対応に苦慮されている方もあるかと思う

なんて書いてたら他人事じゃなかった
ボクも2人ほどお会いした

もう一度おさらい。

あの記事のポイントは
薬を飲み続けてはいけない理由が様々なだけでなく

…複数の人間が発言していることをまとめていることにある

抗生剤と耐性菌の話を書いていらっしゃる岩田健太郎氏。
これは氏がかねてからおっしゃっていることで
ボクら医療従事者にならば腑におちるかと

ところで、とある方について
実に興味深い結果があるというのを先日 こちら に書いた

さて。
クレストールなどについて誤解が生まれていることを
どうやって説明するか…

この記事は
「頻度がわずかな副作用が
 さも全員に起こりうるかのように
 仰々しく書いている

そこがポイント 

そこを押さえて説明すると
患者さんは安心してくれる 
「記事、不安になりますよね
 ボクだって不安になってしまうとおもいます
 しかし…
 頻度、書いてませんよね?」
そこから切り出してみると
患者さんに安心していただけた

この辺の心理的テクは、 こちら のメルマガから
結構拝借してきている…

さて、この問題、これからどうなるんだろうか!?!?

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする