かかりつけ薬剤師 制度はこう変わる 採用担当者が語る未来 無料DL 22日まで

スポンサーリンク

かかりつけ薬剤師
このブログに来てくださる方の多くが、そのキーワードで来てくださってもいる

ボクはかかりつけ薬剤師になりたくない、いや…なれない
個人事業をやりたいから、週32時間お店に居るのが時間的に無理
また、24時間365日だれかから連絡がある状態も恐ろしくてたまらない
カノジョにすら、それを勘弁して欲しいって云ってるくらい

正直に云います
現行の制度のままだったら、ボクにはなれません。

けれど、何か有ったときに薬剤師の仕事一本で生活をしていくには…と考えると
リスクヘッジが必要になってくる

そんなことを思っていたら
ボクがお世話になっている会社がこんなタイトルの小冊子を配布しだした

↑をクリックしたところで登録すると読めるようになる

ボクが意外におもったのが
「かかりつけ薬剤師」を薬局は求めているかというデータだった
おおまかにいえば「かかりつけ薬剤師」は求められていることには違いないが
現在の採用の現場で
どのような時間的・人材的なニーズがあるのかを具体的に掘り下げた他に類を見ない資料。

データ元の77人というのが多いか少ないかはボクにはわからないが
このデータだけは一度見ておいて欲しい
おそらく、今年上半期のアナタの戦略が決めてしまうといっても過言ではないはずだ…

無償配布期間は22日まで!!
いますぐ読んでみて!!

詳細は → こちら

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする