かかりつけ薬剤師 なりたくない これからのビジネスモデル

スポンサーリンク

派遣で何店舗かお世話になるうちに、
かかりつけ薬剤師のいらっしゃるお店での
サポートを引き受けることがあった

かかりつけ薬剤師が決まっている患者に対しては
その方がお薬を出すわけで…
そういうお店ではある意味調剤助手的な立ち位置になる

とある勉強会の方は
「かかりつけ薬剤師と調剤助手的な薬剤師で
 給料が2分化する」とおっしゃっていた

そうかもしれない

しかし、そうだとすると
「かかりつけ薬剤師」が固定になって…
調剤助手は流動的でもいいのかも

この「調剤助手」的な人を募集しても
すぐ見つからないことがある
そういうときに派遣サービスを利用している薬局もあるようだ

お店にとっても即戦力がすぐ来るわけだし
派遣で入った方が時給が1.5~1.7倍くらい高いわけだし

これからかかりつけ薬剤師にされたくなければ
仕事は自分で選んでみるのもいいかもしれない
派遣で行きたい店に行って流動的に稼ぐやり方
念の為に認定薬剤師の申請もしておきながら

こんなニーズを満たす派遣会社がある
月に120時間以上その会社で働くと
メディカルナレッジの受講料金が無料になる
詳細は → こちら

メルマガ 現場薬剤師のための課外授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする